クレジットカード現金化のメリットとデメリット

クレジットカード現金化によるメリット

 

クレジットカードを使って現金を手に入れるメリットは、どんな点にあるでしょうか。
まず、1つ目は現金をすぐにでも用立てたいとき、クレジットカードさえあれば、即、現金を手に入れられることです。
預貯金もない、お金を貸してくれそうな知り合いもいない、クレジットカードのキャッシング枠がない、すでにキャッシング枠を使い切ってしまった、カードローンの審査に通らなかったという方でも、現金化なら可能です。
一時的に失業中で借入の申し込みができない方も、手持ちのクレジットカードがあれば現金に換えられます。
現金ニーズがあるのに借入が難しい、ほかに宛てがない方にとってメリットが高いです。

 

■クレジットカード現金化によるデメリット

 

では、クレジットカードを現金化するデメリットはどんな点でしょうか。
現金化するにあたっては、なんらかの商品を業者から購入し、それを買い取ってもらうか、購入特典としてキャッシュバックを受ける仕組みになっています。
つまり、表面的にはクレジットカードを使って買い物をしています。
そのため、後日、クレジットカード代金の請求がくるので、支払いが必要です。
代金が支払えなければ、クレジットカードが利用停止されてしまうので注意が必要です。
一括払いができなければ、分割払いやリボ払いを選択することになるでしょう。
となると、クレジットカードの現金化業者に支払う手数料や実質的な利息の支払いとともに、クレジットカード会社に支払う利息や手数料分も発生します。
それぞれ、かなりの高利率となるため、手元に手に入れた現金に対して、大幅なコストを支払うことになってしまいます。
クレジットカード現金化は現金を手に入れる手段が限られる方には便利である一方、ハイコストな現金調達手段であることを頭に入れましょう。
また、基本的にはクレジットカード会社の利用規約違反になりますので、発覚すると一括返済を求められ、利用停止になることもあるので注意しましょう。ソフトヤミ金

「どんなときも。クレジット」の申込先はこちら

TOPへ